CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 祝☆3万ヒット | main | 新アイコン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
青の炎

でっかいね、これ!(笑)
でもすぐなんのイラストかわかるでしょ♪
ってことで今日は、特別企画っ!
とうとうあの人が登場しちゃいますよ〜!!

それでは、今夜も参りましょう!

あらち・あいびゃまさきの!

?:はるくまリミックスー!!
あ:えっ!?(驚)

<ジングル>

あ:ちょ、ちょっと!!なに勝手にタイトルコールしてるのっ!?
?:だって、言っていい、むしろ言え!って言われたんだけど。
あ:はあっ!?
?:・・・・・。もう1回する?言えばジングル鳴らしてくれるよ、きっと。
あ:いいよっ。もう。なんだよ。おれの番組だってのに!
?:まあまあ。文句なら局長に言ってよ。オレだって、やめといた方がいいですよ、って一応言ってたんですけどね。
あ:・・・・・・・。
?:あいびゃちゃんっ!喋らないと!伝わらないですよっ。今日は、スペシャルなんですよ。喋っていきましょうよ!
あ:・・・・・・・・。
?:あいびゃさーんっ!もうなに拗ねてるんですか。らしくないですよ。
これっ、このイラストの話するんでしょ?あなたがそんなんだとホタルさんもがっかりしちゃいますよ。そんなに喋る気がないんだったら、オレもう帰っちゃうよ?
あ:!!
?:ね?聞かせてくだいよ。先輩の声が聞きたいってみんな思ってますから。ね。とりあえず、それ以上喋んないんだったら、オレ二週間お前と口聞かない。
あ:そんなん無理じゃん!
?:(笑顔)
あ:あ・・・(--;(誤魔化すように)あらちあいびゃまさきのはるくまリミックスー!!
?:!?

<ジングル>

あ:ということで始まりましたはるくまリミックス!!
?:・・・・・。仕切りなおしたよ、こいつ・・・。
あ:(無視して)今回はスペシャル!!ということで。現在、主演の青の炎が絶賛!ほう、え・い中・・・。
?:アハハハ。
あ:放映中のっ!この方がゲストです。あらちのにのみや・ちっく・かずなり〜!!
に:あ〜、どうも。にのみや・ちっく・かずなりです。
あ:やっと登場、ってことでね。
に:えっ!?
あ:ね!(←冒頭の会話はカットされてるつもりらしい)
に:(笑)そうですね。
あ:なんかねっ。みんな待ってたみたいですよっ。
に:オレも待ってたよ。早く出たかったもん、ここ。
あ:そう?
に:うん。楽しみにしてたから。
あ:じゃあ!さっそく、映画のお話にいきましょうか。僕もこれ観ましたよ。
に:試写会にね、来たもんね。
あ:うん。行ったら赤いじゅうたん歩かされてね。びっくりしましたよ、ホント。
に:おれが入る前だったんだよね。
あ:そうそう。でね、二階席の方に座りまして。ちゃんと挨拶からね、見ましたから。おおちゃんとまつずんと3人でね。
に:どうでした?
あ:よかったですよー!!うん、すごい。よかった。
に:なんか、おたく泣いてませんでした?
あ:えっ!?泣いてないよっ!?
に:嘘だぁ(笑)!だって、終わって楽屋来た時、目腫れてたべ?それに、おれワイドショー見たんだよ。あいびゃさん、わけわかんないことになってたでしょ。そんなに感動した?
あ:・・・うん。なんかさ、ね。ににょなんだけど、すっごい秀一の感情にハマった。
ちょっと、話わかんないとこもあったけど、さ。切なくなった。ほんとに、あんなに切ない殺人者はいないですよ。
に:話わかんなかった?
あ:うん。あんぐらさいととか。なんとか水溶液とか、・・・なんでハリがあそこで出てくんの?
に:まあ、それは、ね。原作を読んでいただけたら、ね(苦笑)ここで、オレが説明するのもなんだしさ。
あ:わかった。読む。もう映画は公開されてんだよね?
に:ええ、15日からですからね。
(ON AIR3月23日)
あ:じゃあさ。暇見つけて一緒に行こ。
に:はい?
あ:いいじゃん。それまでには原作読み終えるからさ。
に:ンフフフ。あいびゃさん公開終わるまでに読み終えれるんですか?
あ:読めるよ!任せろよ!
に:あはははは。判った。判りました。読み終えたら行きましょうね。
あ:おし!じゃあ、ホタルちゃんのイラストね。これ、秀一なんだって。
に:判りますよ、それくらい(笑)
あ:そうですよね。
に:僕はこれから、どこへ行くのだろう。・・・こういう感情、きっと秀一にあっただろうね。曾根の秘密が明らかになって、でも第二の殺人を冒さざるをえない状況になってて。もう壊れてしまった秀一は、殺すことしかなかったんだけど。結局ね。もう1回成功しちゃったから、排除するしかないって。だけど、ああやってうずくまりながら、オレはなにやってんだろう、って考えてたと思うね。
あ:ほー・・・。
に:ほー、ってあいびゃさん(笑)あいびゃさんは、何かないの?
あ:おれ?おれは、うん。やっぱり、あの。ね。殺人をするしかないって、そこまで追い込まれちゃってね。他にも方法はあるはずじゃん、だって!殺さなくてもさ。だけど殺しちゃうじゃん、秀一は。もうそれしか考えられなくなって。だから、誰かにやっぱ止めて欲しかったよね。殺人って、人を殺すってことは、やっぱいけないことだし。やっちゃいけないことでしょ。あ。でも、映画では誰も殺人をいいことだって言ってなかったよね。でも、誰も秀一を止められなかった。それが、すごく切なくて淋しいね。
に:そうだねぇ。
あ:オレ、今いいこと言った!
に:ンフフフフ!なんか、途中、おれ、どっちかっていうと。アナタがどこに行くんだろうって思っちゃったよ。
あ:え?
に:いやいや、あなたの話がね(笑)
あ:うひゃひゃひゃ。
に:んふふふ。
あ:ま、ということでね。青の炎。たくさんの人に観てもらえたらいいよね。
に:そうですね。とりあえず観ないと始まらないからね。とりあえず観たら後悔しないって、そういう自信はありますよ。
あ:おー!自信満々だね(笑)
に:当たり前ですよ!スゴイんだから、この映画は。
あ:そうだよね。観に行きましょうね!
に:観に行って下さい!
あ:ねっ。
に:あ、オレ!?
あ:そう。
に:もちろん、お金払って見に行きますよ。普通に1800円で観ますよ。あいびゃさんとね。行きましょうね。
あ:うん。それじゃあ、短い・・・けっこう喋った?おれら。
に:そう・・・ですね。けっこう長くなってますね。
あ:楽しかったですか?
に:楽しかったよ(笑)また呼んで下さいよ。
あ:もちろん!!それじゃあ、今夜はこのへんで!あらちのはるくまリミックス。
に:にのみや・ちっく・かずなりと。
あ:あいびゃまさきでした〜!!
| アラシモノ。 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hks.jugem.cc/trackback/90
トラックバック